ゆるブラック子会社で定年までいたかったのに

大企業は関連企業もたくさんあって巨大組織って感じですよね。私も派遣社員時代は大企業で大企業の余裕のある雰囲気を経験し世界観の違いにびっくりしました。
今回は、知人Tさんの勤務する会社について聞いたお話しです。彼はB社の社員ですが異動を命じられたのを機に自主退職したのでした。
 

大企業A社の子会社B社

A社の子会社B社は、社員数こそ少ないものの大企業Aの関連企業です。という事は、保険証の健康保険組合や福利厚生もAグループとしての物です。会社の取り組みもAグループとしてなので、大企業の一員である安心感や連帯感があります。
 

ゆるブラックの中で

Tさんの勤務先は自他共に認める「ゆるブラック」です。調べてみるとゆるブラックとは「ぬるま湯の環境」という事らしいです。仕事は比較的楽だが自分の心がけ次第ではダラダラ働けてしまい成長ができにくい環境の会社なのです。失敗しても注意されることも無く残業もほとんどなくお給料もA社に比べたらかなり落ちます。それでも私の年収より高いのは羨ましい限りです。そのような中で生活できるソコソコのお給料で定時退社でプライベートも充実し、大企業グループで安心感もあり工場の保全業務の仕事を10年以上従事していました。
 

40代後半での辞令は

このB社が部署の業務集約により保全の部署だけがそれほど遠くも無い隣県の工場へ集約される事となりました。集約と言ってもTさんも隣県の工場に一緒に異動をお願いされます。
しかしこの部署集約は、上司は違えどA社社員と同じ場所で勤務するのです。今までのようにのほほんとスマホをいじったり談笑しながら仕事しにくくなりました。部署も集約された事もあり余裕も減り、効率的に作業する小集団活動やしっかりとした5s活動も始まりました。Tさんは余り自分で考えて意見を言ったりする人ではありませんし、まったり働けないのならと勢いで退職したのでした。
 
製造業も息を吹き返している昨今、保全業務のキャリアでなんとか就職できると期待していたようでしたが、ふたを開ければ厳しい状況です。更に、今までと同じ年収でと考えるとかなり残業が必要となります。すべてがゆるブラックの生活で定年まで逃げ切るつもりだったので焦っているそうです。

彼は自分を【被害者だ】と言います。

私は、就職氷河期世代としてどうしても被害者に見えないのです。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動
にほんブログ村

中途入社のいいところ

前にもどこかで書いた通り、私は会社を転々としたことが災いし年齢の割に経験が浅く少ないのです。30歳前半まで自分のパソコンも無くWordやExcelのテンプレに時たま入力するだけくらいでしたから、久々にじっくり見たExcelシートにいろんな機能のアイコン?がたくさんあって驚きました。
そんな私の中途採用での平社員入社の利点だってちょっぴりあります(たぶん第二弾)。資格証明必須の仕事でもないと、性善説に基づいてなんですよね・・・
 

卒業証明や卒業見込み書が必要ない確率超高い

新卒入社であれば履歴書と一緒に卒業見込書を付けて応募し、入社後に再度卒業証明や卒業証書の写しを求められる会社もあるかもしれません。地味に発行手数料の費用がもったいないです。しかし、中途採用の場合は証明書の類が必要ない場合も多いです。特に、派遣会社からの正社員の職業紹介の場合は派遣会社での登録の時点で学歴を保証しているから?なのかそのまま確認書類も無く入社出来ます。
派遣の登録もなんの確認もしない場合が多いんですけど・・
※学歴詐称はダメです
  

退職証明が必要ない確率超高い

今まで中小企業に何度か入社しましたけど、退職証明書が必要だと言われた事はありません。毎回「辞めた会社に退職証明の連絡したくないなあ」などど思い損でしたね(笑)源泉徴収票を転職先に提出するのでそれが退職証明のようなものなのでしょうか・・・
※経歴詐称はダメです
 

正社員?契約社員?履歴書で雇用形態を確認しない確率超高い

派遣社員の見学という名の面接では、スキルシートに学歴や職歴を伏せて説明する機会もあったりします。その際は雇用形態も書いてあったように記憶しています。しかし、中途入社の際の履歴書には正社員・契約社員・パートなど(私は)いちいち書きませんし、面接で口頭で確認する会社も3割位でした。
 
結局のところ中途採用は入ってからの働きぶりが重要なので職務も含め盛っても苦しむのは自己責任です。それでも中退を卒業に書き換えれば基本給が変わる会社だってありますしダメな物はダメです。
うまく経歴ロンダリングして転職を成功させた例もあり、世の中の求職者特にロスジェネ世代には最大限の応援をしたいです。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動
にほんブログ村
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。