就職氷河期世代がコロナ禍でSPIを受けた

相変わらず求人誌がペラッペラですね。
氷河期世代は1倍を割った有効求人倍率や薄めの求人誌や1人の採用に50人殺到などの事象に慣れている人も多くいます。そして大卒以上ならSPI試験を数十回は受けている人もたくさんいます。

20年前の新卒時SPI試験

新卒で受けた企業は8割はSPIがありました。negimenmaruは就活の準備に遅れてSPI対策なんてしなかったので、何社もSPI試験を受験しながら購入した問題集を解きながらなんとか7月頃に結構解けるようになり・・・時既に遅しでした。筆記試験が通らない事には話になりません。

40代で受けたSPI試験

リーマンショック後の転職活動ではクレペリン検査を経験しました。クレペリン検査で引っかかるという方も稀にいるらしいですね。結果を見ると私の性格については当たっている気がしました。
コロナ禍の転職活動では20年ぶりにSPI試験を受けました。10日前に伝えられており『SPI試験7日間完成』のようなタイトルの問題集を購入しすべて解きました。

      試験当日 ⇒ ⇒ 撃沈しました。

数学の問題は時間の制限に焦り空回りします。時間の制限が無くとも空回りしたでしょう。何がわからなかった?ではなくすべてわからないまま終わってしまいました。

とはいっても40代はポテンシャル採用ではなくキャリア採用です。
高得点のSPIなんて最初から期待されていません(そして給与も高くはない場合多し)。経歴>> 面接> >SPIとか学歴 であり履歴書突破が最重要。

私の様な新卒就活失敗マンは転職で人生をリセットするしかありません。

同じ会社にきょうだいがいる場合姉弟の組み合わせ多い説

何社も渡り歩いていると、家族経営でもないのに社内にきょうだいがいる場合があります。縁故なのか、はたまた先に入社した身内に薦められたのか。

姉と弟の確率が高い(negimenmaru調べ)

私しらべによると、どの年代の場合でも同じ会社に籍を置くのは姉と弟のパターンが多いです。そして、姉のほうがだいたい優秀(あくまでnegimenmaruしらべ)。
ほんのわずかの縁故臭をかもしながらも夫婦でイチャイチャされるより、ドライな姉弟の交流は社内の好感度は良かったりします。

親子

昔、勤務していた会社に定年一歩手前の万年係長がいました。そこへ新卒で子供が入社した時は、社内がどよめきました。なぜなら瓜二つだからです。瓜二つではありましたが中身は全く異なり出世コースに乗ってあっさり30代で課長に。
他にも、親が自分の勤務する会社なら熟知しているからと子供を臨時職員や派遣社員など非正規雇用で入れて正規採用を目指させる姿も数多く見てきました。正直、縁故とまではいかなくてもちょっと気になります。

叔父と甥

社内に叔父と甥が勤務していました。しかも叔父は仕事が丁寧でゆっくりと言えば聞こえは良いのですが、仕事が遅くて傲慢、お荷物社員でした。そして入社してきた甥も考えられない程の遅い仕事と傲慢振り。遺伝子レベルで矯正する事は諦めお荷物は伝承されていく事に。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。