某大学で石が降ってきた事件をきっかけに退学を決意した話

大学入学したばかりの4月に、キャンパス内でいたずらをされた経験があります。20数年経過し犯人さん的にももう時効ですのでここでぶちまけてすっきりさせたいと思います。

春はマンモス大学のキャンパスは多くの学生でお祭り騒ぎです。サークル勧誘やどの授業を選ぶのか、新しい人間関係に胸躍らせたり不安だったり、屋内も屋外もあふれんばかり。
食堂へ行って座ろうにもサークルの輩が席に荷物を置いて予約席状態。その辺の階段に座ろうにも留学生が集まってコミュニティが形成され居場所がありません。大学生活を環境だけの理由で失敗することはありません。何にせよ自分次第なのです。しかし、『学生生活は自分次第』などど考えない私negimenmaruは『友達も数人しか作れていない』『つまらない授業ばかり』『通学が疲れる』とすっかり意欲を失っていました、入学したばっかりなのに。
学内の坂道の側面にあるベンチがたまたま空きました。ベンチの隅に座ると、もう一方にも学生が座りました。その直後「ドン!」と物凄い音がしてベンチの真ん中に握りこぶし大の石が落ちてきました。

同じベンチに座っていた見知らぬ学生と顔を合わせすぐベンチから離れました。
すると坂の上から「クスクス」と笑い声が聞こえたのです。

ここ底辺大学だわ、いろんな意味で。

学力はこれ以上伸びないかもしれない、でも同じレベルでもいい他の大学に行きたい、今すぐにでも。
きっと長居すれば良い所も見えたのでしょう。それでも、若くナイーブなハートには一部の馬鹿学生さんの悪行がその大学すべてに感じてしまったのです。

退学を決めました、マジで。
そして自宅に籠り、今思うと奇行とも思われる行動を始めました。

分厚いシラバス(授業の計画や内容が書いてある冊子?)をひたすら破る
        ↓
    水に浸し時々混ぜる
        ↓
     ドロドロにする
        ↓
    液状ノリを混ぜ紙漉きをする
        ↓
乾燥させ立派な紙?を完成させ墨汁で『退学』と書く

コレ2週間かけました。何かが弾けてしまい本当にどうかしていました。
実際にこの後退学してしまいます。
学費もったいなかったです。親には申し訳ない思いで一杯です。

投稿者: negimenmaru

就職氷河期に田舎の会社へ就職し安堵。と思いきや転職→退職→リーマンショック後の不況で年収180万の派遣社員に。転職を繰り返し年収250万の正社員→コロナ禍40代でまた転職。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。