仕事で疲弊した時

先週から熱が出て焦ったnegimenmaruです。結論から申し上げますとコロナには感染しておらず、珍しく忙しかった仕事で弱った老体でインフルエンザになりました。このご時世ですから不測の事態もあるので2週間会社を休みました。え?リモートなんてないんです。

全員が大慌て

私が30代半ばの頃、急なプロジェクトで部署内全員が多忙な時期がありました。日中は日常業務を行い、深夜まで全員でプロジェクトの準備です。仕事の疲れは個人差が大きく、仕事内容や残業時間では推し量れません。しかし、同僚全員が疲弊した状態だとその異質さが際立つのです。

ビルの柱に話しかける先輩

某先輩は、『〇〇さん、すいませんコレは~』と柱に向かって話し掛けていました。
一通り話し終わってから、それが白い大きな柱であると気付き大変驚いていました。

笑いのハードルが下がる後輩

後輩は、ふとした出来事に笑いのツボがハマり仕事しながら2時間笑っていました。誰もツッコミを入れなかった周囲もどうかしてました。

自損事故を起こす同僚

通勤途中のまっすぐな道で自家用車を街路樹に見事にぶつけて自損事故を起こしました。慌てて街路樹に頭を下げたらしいです(目撃した別の同僚情報)。

なぜか事故現場を撮影に向かった上司

↑の自損事故の報告を受け、翌日事故現場に上司が写真撮影に行きました。。

       ナゼ(。´・ω・)?

上司曰く『現場を見に行くように支社長に言われた』らしいのですが、支社長はそんな事は言っていないらしいのです。とうとう幻聴かな。


一か月後、プロジェクトはなんとか完了し成果を上げました。その時のテンションの上がり様も、いい大人たちが『ヒャッホ~!』と喜んだり思い起こしてみるとおかしくなってました。。

投稿者: negimenmaru

就職氷河期に田舎の会社へ就職し安堵。と思いきや転職→退職→リーマンショック後の不況で年収180万の派遣社員に。転職を繰り返し年収250万の正社員→コロナ禍40代でまた転職。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。