eラーニングあるある言いたい

昔はペーパーアリ―の通信教育だった

ロスジェネが20代の頃は、ネットが普及していたのにまだまだ冊子のテキストの通信教育を会社から指示されていた人もいると思います。私もその一人でした。
残念ながら今の私の何の身にもならなかった気がしますけど、不況の中で社員教育にお金を掛けてもらえるのは感謝しなきゃいけない事だったのかもしれませんね(給料は安かったのになぜ)。
 

eラーニングで揉める

中小企業である以前の会社で、初めてeラーニングが導入された時の事です。私は以前も経験ありましたし派遣社員でも派遣会社のeラーニングがあったのでそれほど珍しく感じませんでした。
・・・が、中高年が大パニック。
「使い方がわからない」←頑張れ
「100点満点で確認テストに合格しないと査定に響く」←たいして響かないと思う
などと仕事そっちのけでeラーニングに夢中になっていました。そして、コロナ禍でのオンライン授業を強いられる学生さんの気持ちが僅かに理解できました。
 

eラーニングの利点を消している?

以前の会社にしても、リモートワーク対応が追い付かない会社はいつでもどこでもできるeラーニングの利点を潰します。おそらく業務時間を管理する関係があるので【会社でのみeラーニングに取り組め】なのです。
お給料が発生するのは有難いけど、残業が増えたら注意されるし有難迷惑です。受講科目によってはこんな事なら冊子のテキストで取り組んで確認テストを郵送で添削してもらった方が気楽です。
 

あるある言いたい

・画面を全画像撮影しているけれど二度と見ない人
・画面をひたすらノートに板書しているけれど二度と見ない人
・ページを2倍速で読んだり読み飛ばしする人
・必須受講数以上過剰に取り組み、そのうえ自慢する人
・確認テストは同じ科目を受講した同僚に教えてもらう人
・業務どころか人生に関係のなさそうな科目を受講する人

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動
にほんブログ村

投稿者: negimenmaru

就職氷河期に田舎の会社へ就職し安堵。と思いきや転職→退職→リーマンショック後の不況で年収180万の派遣社員に。転職を繰り返し年収250万の正社員→コロナ禍40代でまた転職。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。