大学時代の就活の話②

2001年も7月に入り、スーツが暑い時期になりました。

夏用のスーツやシャツを購入しようか悩みましたが、「もしかしたら次の会社で内定貰えるかも」という淡い期待から4月1日にイトーヨーカドーで購入した1着のスーツを着続けます。ぶっちゃけこの頃にはジャケットがかなり着古しています。なんせ毎日説明会だの筆記試験だの面接だのでヘビーに着用してましたから。。

くたくたのスーツで紳士服で有名な会社の説明会に行ってしまったり、やっつけ就活になってました。内定が貰えないストレスで飲酒の頻度も増え、お酒をこぼして就活ノートもヨレヨレに。。

周囲もどんどん内定ていきます。がむしゃらに情報収集・説明会・SPI試験・面接(時々最終までいけるようになった)をやり続けます。

7月後半、とてもジャケットが、長袖シャツが暑い。。

そんな時に友人からの情報を耳にします。

大学時代の就活の話①

2001年・・・それは就職氷河期ど真ん中☆彡

普通の大学4年生の私は完全に焦っていました。

いろいろありまして、3年生から始まっていた大学での就職活動対策講座に一度も参加することなく4年生になりました。黄色の髪の毛を恐い位真っ黒にして真っ黒の合皮のバッグ5000円イトーヨーカドーのスーツ20000円真っ黒の合皮のヒール3000円で4月の中旬から説明会に繰り出します。

正直に言うと、就職活動なんて不況でも夏までにはどこか決まるだろうと思ってました。かなりそう思ってました。どんな自信家だ自分。。。。。。。。。
そんな5月のある日驚きました。。

超大手企業から内々定が出ている同級生続出!!しかもみんな美人で賢い子ばっかり。

この時、自分が美人ではないという事実を失念しておりました。

私は焦り過ぎて大企業から中小企業、リクナビとマイナビで応募できる会社を片っ端から応募しました。東京か神奈川で就職する事を夢見ていましたがそうも言っていられません。故郷である関東の片田舎の会社も片っ端から受け始めます。。

なんせ不況の時代でしたから、そもそも募集枠が少ないのです。お祈りメールやお祈り封書は100社近く頂き追いつめられ酒に溺れ始めます。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。