転職でわかる井の中の蛙たち

何十年も1つの会社を勤め上げる人、立派です。きっと辞めたいと思った時もあったのでしょう。一方、転職をする人も勇気があるしステップアップややりたい事に向かって踏み出す勇気も立派です。軽い気持ちで転職を繰り返すのはNGだと思います(私もここかもしれない)。今回は転職しまくっている視点から、ちょいちょい見かけた井の中の蛙さん達を振り返りたいと思います。

そんなにおかしい?東京仕込みの電話応対

数年で東京の大手証券会社を退職した男性が田舎の小さい会社にUターン就職しました。仕事は一生懸命に、前向きにこなしており評判も上々、但し‥‥

『あの人の電話対応、敬語過ぎて笑う』

とチラホラ言い始める社員が出てきました。この会社は『社名・支店名・〇〇です』と皆受けるのですが、彼は語尾が『〇〇でございます』なのです。
        ハイ、それだけです。
確かに名乗りが~でございますだったら印象は違いますが、別に悪い方向に向かっていないし何がそんなにおかしいのか聞きたい位です。
「いらっしゃいませ」よりも「こんちわ」が先行する社風ですから(どっちでもいいと思うんですが)都会の有名な会社から来た人への自分たちのコンプレックスが丸出しである事を彼らは気付いていないのでしょうか。

実験データに反映しないから?挨拶禁止!

「おはようございます」「お先に失礼します」も言ってはいけない職場でパート勤務した経験があります(すぐ辞めた)。ある大学の研究室では仕事にプラスにならない事?は無駄らしく、朝もスーっと研究室に入室し、夕方もスーっと退室するという私の人生上びっくり経験でした。慣れない…慣れたくない…という理由で辞めました。

上司が偉そうな会社からフラットな職場へ

上司が偉い!という雰囲気作りがされている会社でしか働いた経験がなかったので、派遣社員として外資系で勤務した際は上司も部下も同じ対等な人間として意見を言っている姿に感動すら覚えてしまいました。飲み会で先輩全員にお酌しないと睨みつけられる昭和風土&上司のイエスマンが当然の会社で働いていた価値観が崩壊した瞬間です。

広い視野を持つ

会社を転々とすると力関係や人間関係は似たり寄ったりの部分も多い反面、毎回新しい発見があります。その度に広い視野を持ちあまり決めつけずに多様化とか多角化とかそんなワードが浮かびます。
なにはともあれ、みんな組織で頑張って生き残っています。
合掌。

自己中?職場で親しい人を作ろうと試みて失敗した人の話

会社に親しい人はいますか?
退職したら疎遠になるのが大半でしょうけど。。。
友達までいかなくても何でも話せたり、仕事での融通を利かせてくれたり、連携を取ったり、コミュニケーションって大切ですよね。フリーランスでもクライアントさんとの信頼関係大切です。実は最近、記事作成のお仕事を失念しすっぽかしてしまいました。猛省です、一番いけないパターンです。
やることやってれば文句ないでしょ?という考えの人など気楽なのかなあと考えたりもします。割り切って会社での付き合いをされている方も沢山いますが、今回は親しくしたいけど『人が離れていくほう』です。

勤続10年、うわべの付き合いだけされていた?

30代の仕事もしっかりするアラサーちゃん(女性)。淡々と仕事をこなし物静かで清潔感もあり仕事を任せても安心といったタイプです。
さて、アラサーにもなるとあるあるなのが親の病気です。必然的に休みを申し出るのはおかしく無いのですが、その限度です。家族思いという一言で片づけられない頻度で『骨折した父の傍にいたいので・・・』『退院した母の傍にいたいので・・・』と休みます。福祉サービスや介護休暇も勧めましたが断られたようです。
介護認定も受ける様な重いものでもなく、通院に付き添うわけでもなく、ただ自宅で『傍に居たい』って何だろう。
有給休暇みたいなのでそれ以上言うことも無いですけどね~これが10年間ですから周囲は変わった人という印象だったのでしょうか。

予防接種しない理由も細かく説明される

インフルエンザ予防接種を会社で取りまとめて接種する事があると思います。しない人も多いと思います。普通、誰かにうつしたくないから接種するとか注射痛いからやりたくないとかそんな理由だと思うんですが。。
そんな毎年恒例の行事をうっかり同僚その①が「インフルエンザ接種しますか?」と聞いてしまいました。すると、
『ワクチンを受けてもインフルエンザになってしまう事もあるし…』ここから感染症についてや死亡率と副作用、免疫機能やタミフルの話題まで難しいお話があり、
『…というわけで私は接種したくないんです』と言われました。ここまで10分間かかりましたよ。

入社した新人と仲良くなるも・・

ここまで書いてくると、一人でいるのが好きで自分の道を貫き通すイメージのようですが実際は皆と仲良くなりたくて話かけてくる人でした。食事に誘ってきたり機会があったら~しましょうとか会話のボールは投げてくるタイプでした。
そこに引っかかったのが右も左もわからない入社したばかりの同世代の女性。次第に仲良くなり仕事後にご飯に行ったり良い関係だったと思います。
ある日、アラサーちゃんは辛いことがあったらしく話を聞いてくれる相手がその新人さんしかいなかったのか、新人さんに依存し始めました。休日に何度も平日は毎晩電話が来る状態になりました。精神的に辛いのは同情しますけど、新人さんの気持ち考えてあげて。。

休憩時間終わりましたけど・・・

業務に関しても押し通す事も必要ではありますが、相手の気持ちを考えているようで考えていません。特に自分が仕事上で困っている内容などの話は休憩時間も関係なく相手に話始まり休憩時間後も相手の作業などお構いなしに話す場合がありました。本人は気付いていない自己中だったのかもしれませんね。
そんな彼女も勤続10年、同僚達は最低限のコミュニケーションを心掛ける結果となり、お互いにロングソーシャルディスタンスを保ちながら寿退職しました。
実家の近くで幸せに暮らしているみたいです。
今度は子供を第一に考えているのか気になります。

とりあえず、ずっとご両親の側にいてあげてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。