収入例だけ見て応募⇒まさかの0.5日退職

仕事をすぐ辞めちゃう就職氷河期世代のロスジェネ美。
『とりあえずお金を稼ぎたい』との事で地元の大手企業での製造派遣にチャレンジする巻です。

★月収例 35万★に飛び付く

年末年始は時給制の派遣社員にとっては死活問題です。時給制に嫌気が刺したロスジェネ美は、求人サイトで【 月収例 35万★ 】しかも時給制ではなく月給制の求人に心惹かれます。調べると大企業の工場派遣でした。力仕事だけれど女性でも無理ない作業の配属先もあり、残業や早番遅番はあれど35万前後の高収入が見込めるとあります。早速派遣会社に問い合わせすると、40代女性でも問題ないとの事です。チャーンス!

即決する

派遣会社の担当さん曰く、人気のお仕事なのですぐ埋まってしまうから早く申し込みされては?とせかされます。配属先は就業開始までわからないが職場環境も良いらしく、しかも有名大企業ですから忙しく働けると感じたようです。
早速応募してメールでの条件のやり取りの後日、電話面接で合格を貰いました。翌週に一緒に同じ工場で就業開始する派遣会社の仲間達と一緒に事務手続き・安全研修・健康診断諸々を丸一日受けて貰うと言われ稼ぐ気満々のロスジェネ美。
友人には月収35万円と自慢したのに、羨ましがる体どころかを壊すのではと心配されます。『若い頃も同業種の製造やってたし!』と自信はあるようです。毎回いい所ばかり見て、不安な点を無視し離職率も確認しないのはまたフラグが立ちます。

初日

事務手続き諸々の日になりました。この日は派遣会社の会議室で、工場に派遣される仲間約20名が一緒です。一緒に20名が派遣されるなんてさすが大企業って感じですよね。最初に、事務手続きが始まりました。

基本給26万

収入例しか見ていなかった彼女は少し不安になります。
ロスジェネ美も流石に基本給26万てことは残業で9万は稼ぐには何十時間残業なんだろう、と我に返ったのです。元々地方で基本給26万は良い方です。しかし残業9万円分て40?50?60?時間?と不安が募ります。ガテン系のガッツリ働く高収入の仕事は、目的を持った人やお金が欲しい人には良いと思いますが彼女にはそこまでの意欲はありません。

休憩時間に担当さんを問い詰める

辞め癖のある人が契約の確認もせずに軽い気持ちで働こうとしてしまうのは少し怖いですね。明日から本格的に工場の現場に行くのに、ここで彼女は休憩時間に派遣会社の担当さんに細々と質問攻撃が始まりました。

『女性でも働ける職場なんですよね?辞める人いますか?』
『収入例の35万はどんなシフトの場合の例ですか?』

担当さんの回答は、多数の人が予想できる内容でした。
就業者の半分は2か月以内に辞めてしまう事、シフトによっては28万程度である事、そして人間関係も女性同士の揉め事で辞める人も少ないないという事、です。

『話が違います!』と押し問答が始まり、現場への出勤日を保留にしてもらいその日はサインをせずに半日で帰宅したのでした。

やっぱり辞めちゃった

甘い話には裏があります。簡単に26万円の初任給は頂けないし35万円の給与を得られるはずがないのです。だからよく調べるんですよね。

サヨナラ月収35万

投稿者: negimenmaru

就職氷河期に田舎の会社へ就職し安堵。と思いきや転職→退職→リーマンショック後の不況で年収180万の派遣社員に。転職を繰り返し年収250万の正社員→コロナ禍40代でまた転職。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。